So-net無料ブログ作成
検索選択

バイキンマンに注意 [健康]

最近、姪へのプレゼント用にと、外出先でアンパンマンのガシャポン(カプセルトイ)を見かけたら、チャレンジするようにしています。アンパンマンのフィギュアが一つ欲しいのに、出てくるのはバイキンマンばかり・・・。いつの間にか家にバイキンマンだけが4体に増殖してしまいました。

今週始めの日曜日、朝からおなかの調子がよくなくて、一日10回以上トイレに駆け込みました。水様便ばかりで体中の水分が搾り取られるように出てゆく感じでした。脱水症状を起こしていたのかもしれません。水分だけは何とか確保(補給)するように努めたものの食欲もなく、かろうじてミカンやリンゴを少々戴くのみでした。

本当はカメラを持ってフィールドに出掛ける予定でしたが、一日中寝込むことになりました。幸い、外の天候も悪かったのがせめてもの救いですが・・・。

翌日、半分ふらふらとした状態で医院に行きました。診察を受けると、「感染性の腸炎」 と診断されました。この時期、患者が急増しているようです。まだ、完全には回復していませんが、なんとか普通の生活が出来るくらいまで回復しました。

バイキンマンばかり出現したのは、この病気の暗示だったのかもしれません・・・。

「感染性の腸炎」を調べてみると、細菌性、ウイルス性、寄生虫などがあるようです。心当たりはないのですが、もしかしたら昼食で食べた弁当が汚染されていたのかもしれません。

日頃、健康でいる時は感謝の気持ちもほとんど起きないのですが、いざ病気になると健康の有難さが身に沁みます。健康について考えさせられる出来事でした・・・。


nice!(109)  コメント(24) 

小食の薦め [健康]

先日、あるTV番組を見ました。“素敵な宇宙船「地球号」”という番組です。長寿の秘密を解説した番組内容で、金さん銀さんや現役97歳医師の日野原ドクターの秘密を説明されていました。
細胞の中のサーチュイン遺伝子ファミリーが活性化すると長寿になるそうで、それを活性化する為には、小食(低カロリー)が一番いいそうです。又、日野原ドクターの身体の秘密を調べると、低体温、低インシュリンであること等が上げられていました。低体温は細胞の活動を最小限にすることで老化を防ぐ効果があるそうです。又、インシュリンは血中の糖がエネルギーとして消費されるのを促進する働きと、消費されずに残った糖を脂肪細胞に運んでたくわえさせる働きがあるのですが、量を低く抑えると糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなり、脂肪細胞からエネルギーを引出して消費させるグルカゴンの分泌もうながされるために、肥満を防ぐ事に繋がります。
新味弘美ドクターの著書「健康の結論」でも体内酵素(0になると生きられなくなります)をできるだけ消耗しない生活や食事が、健康と長寿に大きく関わっていることを述べられています。食事をするという事は生命を維持する為の大事な行為ですが、身体(胃腸)にとっては大きな負担を与えている事も事実です。
最近、不摂生で体重が増加気味なので、改めて食生活を見直さなくては・・・と強く感じました。明日から少しずつ改善してゆこうと思っています。

健康の結論―「胃腸は語る」ゴールド篇

健康の結論―「胃腸は語る」ゴールド篇

  • 作者: 新谷 弘実
  • 出版社/メーカー: 弘文堂
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 単行本

レオナルド・ガレンテ―「長寿遺伝子」を解き明かす (NHK未来への提言)

レオナルド・ガレンテ―「長寿遺伝子」を解き明かす (NHK未来への提言)

  • 作者: レオナルド ガレンテ
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本

 


nice!(30)  コメント(14) 

米粉パン [健康]

小麦の値上げにともなって、お米が見直されています。そのせいか、お茶漬けやふりかけの売り上げがアップしているようです。

現在、一部の学校では給食に米粉パンを出している所もあるそうです。おからを入れたり、玄米等を入れて栄養バランスを整えたり・・・。

お米を使用したおいしい食品が沢山開発されれば、小麦が高価になってもやってゆけるのではないかと思います。パン屋さんもヘルシー志向を売りにして、米粉を積極的に使用すればそんなに値上げせずに栄養価の高い健康的な食品を提供する事ができます。米粉パンは小麦のパンより良質のたんぱく質を含み栄養価は高く低カロリーだそうです。

ビーフンは今もありますが、パンだけでなく米粉うどんや米粉パスタ等も開発すれば、大幅な消費が見込めそうです。

「食料自給率向上」と「安全な食品」の両方を満たす食材は、※ しかありません・・・から。

お薦め書籍 [健康]

この本に書かれている健康法を実施したら幸せな歳を重ねて行く事が出来ると思います。いかに現代の日本の政策・環境・生活習慣が間違っているかが理解できます。





メタボ対策パン [健康]

私は基本的にはパンは嫌いではないのですが、バターや砂糖等がたっぷり入った油っぽいパンは体質的に好きになれません。粉をこねて純粋に焼いたという感じのパンなら・・・。やっぱり「ご飯+味噌汁」の和食党なのです。

テレビで、メタボ対策パンがよく売れているというニュースを見ました。最近はコンビニにあまり出掛けないのでトレンドの変化に気付きませんでした・・・。ノンオイルノンバターでふっくらと焼き上げる為にいろいろ試行錯誤しているようです。健康ブームでこうしたパンが増えるのはいいですが、やはりホームベーカリ―等で自分で一から手作りする方が安心出来るし、いつも焼きたてのパンを食べる事が出来ますから。

小麦粉の値上げの影響もあるでしょうが、本来捨てていた皮の部分等も有効に活用して食感を出しているようで、(中にはこんにゃくやみかんの皮を入れているもののあるようで)こうした意味でも、本来の食べ物に近づいてきているように感じています。

風邪をひいてしまいました・・・。 [健康]

あけましておめでとうございます。年末年始、ずっと風邪をひいたままです。ここ数年はほとんど風邪らしい風邪にかかった事が無かったため、いざそうなってしまうと、風邪とはいえ体力を結構消耗するものだと妙に感心しています。私は基本的にはクスリに頼らない方針なので、身体を温めたり食事に気を使いながら免疫力を高めつつ、風邪と格闘しています。

同じくらいの時期にパソコンの調子も悪くなりました。大事なシステムファイルの一つが壊れてしまったようで、症状の回復にはOSの再インストールが必要です。でもリカバリーする元気もないし、数年使用しているパソコンなので思い切って最新OSの搭載されたパソコンを買増して、徐々に環境を移行してゆこうかとも考えています。この時期はちょうど春モデルが発表される(された)時期でもあり、購入のタイミングを誤ると後悔が大きくなってしまいそうなのですが、エクセルやワード等の基本アプリケーションが使用不可となっているため、ちょっと悩んでいます。

そんなわけで、2008年はあまり良いスタートを切る事が出来ませんでしたが・・・。でも年賀状で知人や友人の近況を確認することができたり、元気を頂くような年賀状も頂きました。一年に一回の行事であるとはいえ、やはり大事な事だなあと再認識しています。

今日もゆっくりとお風呂につかりながら静養です・・・。


カット中に・・・ [健康]

今日、美容室でカットしてきました。朝から体調が優れなかったせいか、カット中に気分が悪くなりました。他のお客さんに使っている薬品等のにおいが強くて、それと自身の体調不調がシンクロしてしまったのです。私はこれさえなければ美容室はリラックスできる空間なのですが・・・。人に髪を触られるのは気持ちのいいものですが、今回は気分が悪くて落ち着かなかったです。

美容室から戻って裏庭を散策していると先日は蕾みばっかりだった花が美しく咲き乱れていました。これには気分も癒されました。やはり花には心を癒す効果があるのだと感じました。バッチ博士のフラワーレメディも時々活用していますが、もっと花の効用を深く知る必要があると思いました。


眼の筋トレ [健康]

最近、又視力が低下したように感じています。仕事柄、眼を酷使していることと不規則な生活が原因であると思っています。

読売新聞のサイトで眼のトレーニングが紹介されていましたが、小学校の時に実施していた眼の体操と同じものでした。老眼予防にも効果があるそうです。

(以下、記事を引用)
「ペンなどを目の前15センチの距離に立てて、先端を見る。次に、その向こうのできるだけ遠方の目標を見る。この時、目とペン、遠方の目標が一直線に並ぶようにする。2秒で1回、1日50回前後行うのが目標。朝昼晩など分けると取り組みやすい。」

少しずつでも機能訓練をして視力の維持に努めたいと思っています。


ひょうたんから水 [健康]

先日、近くのスーパーでひょうたんのカタチをしたペットボトルを見つけ、そのスタイルユニークさと名水であるという事から試しに一本購入しました。(300円以上の値段にびっくりしましたが・・・)

可愛らしいデザインのボトルを開けて一口飲んでみると・・・とても美味しい! さすが名水百選の水です。

季節によって様々なバージョンのデザインが発売されるようですが、プレミアバージョンとしてひょうたんのボトルを木製漆塗りとして発売してらいいかなと思います。ひょうたんボトルのデザインはいいのですが、標記されている文字がそれを台無しにしています。飲んだ後のひょうたんボトルの使い道をもっと研究して欲しいと思いました。


病気にならない生き方 [健康]

標題の本を読み始めました。著者は胃腸内視鏡外科の世界的権威の医師です。

著者は最終的に「この世をすべて包んでいる自然の摂理に反する事をすると人間は病気になる」ということを豊富な経験から悟ったようです。

ぱらぱらと概略読んでみたのですが、内容は素晴らしいし道理にかなっています。私は不規則な生活をしているので、できるだけ摂理に沿った生活が出来るよう心掛けてゆきたいと思っています。

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。