So-net無料ブログ作成
検索選択

惑星の合(金星と木星、月の競演) [宇宙]

12/1の夕方、仕事を終えて帰宅する途中に、いつもと違う空の天体配列に驚きました。澄んだ天空に、金星・木星・月が三角形を描くような配置で美しく輝いていたからです。急いで家に帰って望遠レンズ(手持ち撮影)でとにかくシャッターを切りました。

合.jpg

月.jpg

本当は、場所を移動して美しいロケーションで撮影したかったのですが、残り時間があまり無かったこともあり、とにかく記録するだけの撮影でした。(三脚も使用していないので少しブレています)

事前にわかっていれば、もう少し準備ができたのですが・・・。

ネットで調べてみると、このような惑星の合は歴史的には特別な意味を持っていたようです。紀元前2年の「ベツレヘムの星」(クリスマスツリーの天辺にある星)の物語では、博士がひときわ明るく輝く星に導かれてキリストの降誕時に礼拝に訪れたと・・・。

昔の人もこんな天体の配列を見ていろいろ感じていたのだと思うと、歴史の面白さを感じます。


nice!(39)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

ナスカの地上絵 [宇宙]

私は太古の遺跡にとても興味を持っています。遺跡だけでなくミステリー等にも興味があります。地球創生以来、人類は何度も繁栄や衰退を繰り返してきたと思います。文明の極みになって、卓越した技術力と低い精神性のアンバランスのために何度も滅んでいます。たしかインドだったと思いますが、核爆発によるガラス化した遺物が見つかっていることからも、過去に核戦争で一度リセットしていることが推測されます。アトランティスやムーといった文明も徐々に明らかになってきています。現代の技術力をもってしても作れない遺物も数多く見つかっています。

最近テレビでナスカの地上絵の特集をやっているのを見て、改めてロマンを感じました。ナスカのミイラをCTで分析したりDNA鑑定するなど現代技術もすごいですが、やはり当時の人々は何を考えて生きていたのか・・・という事がとても気になります。又、当時は首を刈る習慣があったようで、戦に負けた側の頭のトロフィーで祭事を行っていたようです。

今、もう一度人生をやり直せるとしたら、私は考古学者を目指すかもしれません…。

ナスカの地上絵は、飛行機等で上空から見ないと認識されません。ということは少なくとも当時上空から視認するために地上絵が必要とされていたと考えられます。であれば、当時何らかの方法を用いて飛行していたと考えるのが素直な考え方です。又、これだけの地上絵を構築したことを考えると、単なる滑走路のような機能だけでなく、もっと深い思慮・目的が存在していると考えられます。

人間はほんとうにちっぽけな存在です。でもある意志を持つととんでもないことが出来るようになります。自分なりに太古に意識を集中させて、いろいろ推測してみることに不思議な感覚を覚えています。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アミ 小さな宇宙人 [宇宙]

最近、久しぶりにこの本を取り出し読み始めました。この本は宇宙からやってきた少年アミと、地球の少年ぺドゥリートの出会いを通して、いかに地球人が自分勝手に生きているか、愛の心が不足しているかを痛感させられます。いろいろと反省させられるとともに、理想郷の姿を想起する事ができるようになります。

子供の頃の純真な心を取り戻すことができるかもしれませんね。

世界各国で翻訳され多くの方に支持されています。きっとこの本を読まれた方は、心のスクリーンが浄化され、人生にとってもプラスになる真理を得られる事と思います。

アミ 小さな宇宙人

アミ 小さな宇宙人


もどってきたアミ―小さな宇宙人

もどってきたアミ―小さな宇宙人

  • 作者: さくら ももこ, エンリケ バリオス
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2000/12
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自然の怖さ [宇宙]

小さい頃、雷に対してはそんなに怖いと思った事はありませんが、このところの激しい雷雨の中では、さすがに「落ちるかも・・・」と緊張しました。幸い、ブレーカーが落ちただけですみましたが、近所ではパソコンやTV、電話が壊れた・・・と、被害に遭われた世帯の方もいました。地震や台風にしてもそうですが、自然の力の前には人間は本当に無力ですね。以前、読んだ書物の中に、地震や台風等の災害は、エネルギーのひずみ(物理的な意味でない)を正すために起きるものであると。破壊的な想念、マイナスのエネルギーが充満する所で起きると・・・。そういうと、台風等が通りすぎた時に外を歩くととてもさわやかに感じませんか?又、逆に、台風が来る前は何かもんもんとした感じ、熱々しいものを感じませんか? 地震の場合でも「プレート理論」がどうのこうのと偉い先生が説明していますが、そんなことより地震が起きる場所ではマイナスのエネルギーが充満していないでしょうか? ここでマイナスのエネルギーとは、それが、周囲に軋轢や摩擦、否定、戦争を生むような想念として捉えてみてください。何か見えてきませんか? 
最近、そんな事をつくづく考えています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人生の志向について [宇宙]

最近、自分は何を目指しているのだろうと、ふと感じることがあります。目の前の雑事に追い回されていると、ふとした事で変なことを思ってしまうものです。

私の人生の目的は、心の安定(無の境地のような感覚:自然とひとつであるという想い)とささやかな幸せが感じられるような晩年が過ごせれば・・・と思っています。又、家族が仲良く健康であれば・・・と望んでいます。それまでは山あり谷ありかもしれませんが、前向きに対処して乗り越えてゆきたいと思っています。

別にお金持ちになるとか出世して社長になるなどといった野心はありません。多分、正しい生き方をしていれば、必要最低限は与えられるものと思っています。

私は、自分の心のスクリーンををきれいにするために、瞑想をはじめようと思っています。瞑想は何も考えず自分自身を客観視する作業です。そこで、自分の思い描く幸せな未来を想うのです。潜在意識にインプットされた想いはやがて未来に具現化することでしょう。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

核実験について [宇宙]

過去より核保有国で核実験が行われてきました。大気核実験であったり、地下核実験であったり・・・。そして、今度は北朝鮮で核実験の動きがあります。核実験により放出される放射性物質も危険ですが、それよりも地球と太陽系の物理的なバランスが崩れることによって流星化することを懸念する必要があります。流星化すればどうなるか・・・考えただけでもぞっとします。

物質の根源波動にまで影響を与える核実験は、今後いかなる場合があっても実施すべきではないと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真理は単純 [宇宙]

大昔から、人は神仏を崇めて生きてきました。又、キリストや仏陀等の指導者が現れ真理を解いても、弟子から弟子に受け継がれ時代を経るに従って、その時代の宗教者によって真理は歪められてきました。1冊の本に納まるような言葉が何百冊の経典に化けていることを認識すると明白でしょう。

又、現在の宗教指導者たちの難解な言葉も、まったくナンセンスだとおもいます。いかに高尚そうな教えを説いても、中身は時代を経ることに真偽が入り混じった真理から遠ざかっているものなのです。

真理は単純だと思います。

モーゼがと説いた十戒を思い出してください。キリストが説いた利他愛の心を思い出してください。又、仏陀が説いた八正道を思い出してください。これだけをしっかり守れば、いい世の中になると思いませんか?

この単純な心の法則を一度守るように生活してみませんか?そうすると、いろいろな新しい法則が更に見出されてくるでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。